メニューを開く
戻る

審美歯科



受付の風景

審美歯科

審美とは、従来の虫歯や歯周病治療などの歯の機能面に対しての治療とは異なり、歯の美しさに焦点を当てた治療のことです。
しかし、見栄えを良くするためだけの治療ではありません。いかにバランスのとれた口元を演出し、機能性をも兼ね備えた環境をつくるかが目的となります。

なかお歯科の審美治療

当院の得意分野は、審美修復治療(美しく歯を仕上げる治療)です。

セラミックへのこだわり

当院の得意分野は、審美修復治療(美しく歯を仕上げる治療)です。なるべく金属を使わずに、自然な色調が再現できるセラミックによる、治療を行います。

技術の陳腐化を防ぐため、設備と診療システムを日々アップデート

より良い審美治療を行うために必要な医療機器(CEREC、E-maxpress、POMなど)を導入し、技術が陳腐化しないように毎月研修会にも参加しています。

院内技工

医院内の技工士が、直接目で見て、歯の色、形を決め仕上げますのできれいに仕上がります。

審美歯科の方針

今までよく行われてきた、陶器の歯、焼き物の歯(メタルボンド)では、金属の被せ物の上に陶器を盛り上げて焼いていたので、透明感が損なわれていました。
ここ最近は、技術の進歩によりセラミックだけの被せ物(オールセラミックス)ができるようになり、自然な透明感のある歯を作ることができるようになりました。

前歯をきれいにしたいときは、透明感のあるオールセラミッククラウンを主に使用します。

chevron_rightオールセラミッククラウン

奥歯の詰め物を白くしたい場合は、セラミックインレー。

chevron_rightセラミックインレー

奥歯の被せ物を白くしたい場合は、セラミッククラウン。(1本ずつ歯の修復)

chevron_rightセラミッククラウン

奥歯のブリッジ(Br)をきれいにしたいときは、メタルボンドを使用します。

chevron_rightメタルボンド

審美歯科の種類

セラミックインレー

セラミックインレーとは、CEREC(セレック)により削り出されたセラミックの詰め物です。審美性があり、プラーク(歯垢)もつきにくいです。

メリット
・透明感があり、見た目がキレイ。
・プラーク(歯垢)がつきにくいため、虫歯、歯周病になりにくい。
・院内で全ての工程が出来るため、短期間の治療が可能(要予約)
デメリット
・金属に比べるとやや耐久性が劣る場合がある。
こんな方に適しています
  • 銀の詰め物を白くしたい。
  • 金属アレルギーがある。

セラミッククラウン

セラミッククラウンとは、CEREC(セレック)により削り出されたセラミックの被せ物です。見た目がきれいで、変色もしません。

メリット
・透明感があり、見た目がキレイ。
・プラーク(歯垢)がつきにくいため、虫歯、歯周病になりにくい。
・変色しない。
・院内で全ての工程が出来るため、短期間の治療が可能(要予約)
デメリット
・金属に比べるとやや耐久性が劣る場合がある。
こんな方に適しています
  • 金属の被せ物を白くしたい。
  • 金属アレルギーがある。
  • つけ根が黒いのが気になる。

メタルボンド

メタルボンドとは、中身は金属で外から見る部分のみセラミックを焼きつけた被せ物です。見た目が良く変色せず、強度も強いのでよく使用されます。

メリット
・色調が歯に似ているので、見た目が良い。
・中身が金属なので割れにくい。
・強度があるため、ブリッジ(Br)でも使用できる。
デメリット
・金属の使用により、金属アレルギーや歯茎の変色を引き起こす可能性がある。
・色調はオールセラミッククラウンに劣る。
・裏側からは少し金属が見える。
・将来的に歯茎が下がって歯と歯茎の隙間が見えてくることがある。
こんな方に適しています
  • 銀のブリッジを白くしたい。
  • 保険の被せ物の色が気になる。
  • 費用を抑えて白い歯を入れたい。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、金属を一切使わないセラミックだけでできた被せ物です。金属を使用していないため、天然歯により近い色合いや形態を再現することができます。

メリット
・自然な歯の白さを再現できる。
・見た目が良く、変色しない。
・金属アレルギーが起こらない。
・プラーク(歯垢)がつきにくいため、虫歯・歯周病になりにくい。
デメリット
・金属に比べるとやや耐久性が劣る場合がある。
こんな方に適しています
  • 歯が変色してしまった。
  • 歯茎の黒ずみが気になる。
  • 天然歯に近い色合いで仕上げたい。
  • 短期間で歯並びを整えたい。
  • 保険の被せ物の色が気になる。

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、歯の表面を薄く削り、付け爪のようなセラミックを歯に貼り付ける治療法です。短期間でキレイに仕上げることが可能です。

メリット
・被せるよりも歯を削る量が少ない。
・歯の形態もある程度改善できる。
・かみ合わせを調整する必要がない。
デメリット
・大きな形態、色の修正はできない。
・着色の強い歯では、下地の歯の色が透けることがある。
こんな方に適しています
  • 神経を取って歯が変色した。
  • 歯のしま模様が気になる。
  • すきっ歯を短期間で治したい。

審美治療の流れ

① 問診

問診票にご記入していただいた内容を元に主訴をお伺いします。

② お口の検査・診断

お口の中を拝見させていただき、患者様の気になるところの状態を正しく把握するため、レントゲン撮影等を行います。

③ カウンセリング

治療に対するご希望や患者様の気になるところをお聞きします。どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

④ 治療計画

お口の中の状況や診断結果、患者さまのご要望などをふまえ、一人一人に合った治療プランをご提案します。ご希望であれば、お見積りもお作りいたします。分かりにくいところなどありましたら遠慮なくご質問ください。

⑤ 治療開始

治療プランに基づき、最後までご満足いただけるよう計画的に治療を進めて行きます。
また当院では“痛くない治療”をモットーに快適な治療、安心・安全な治療、親切な治療を心がけておりますのでご安心ください。

⑥ メンテナンス

治療終了後の良好な状態を保つために、メンテナンスがとても重要になります。当院では、その後の患者様の口腔内をしっかり把握し、健康をお守りできるよう担当制にしております。全力でサポートいたしますので是非ご来院ください。

セレック(CEREC)

セレックとは、金属を一切使用しないため金属アレルギーの心配がなく、優れた審美性と耐久性を持ち合わせた治療法です。また、院内ですべて製作するため即日治療が可能です。

  • 院内ですべてできるため、簡単なケースであれば当日でも可能です。 ※要予約
  • 設計コンピュータと削り出しの機械を導入したため、外注の必要がなく従来の3分の1の価格で仕上がります。
  • 当院では技工士が直接お口の中を見るため、きれいに仕上がります。

セレックができるまでの流れ

① 型取り後、色見をしていきます。

② 型に石こうを流し、模型を作ります。

③ 技工士による設計・削り出し。

④ 完成した詰め物です。

⑤ 専用のセメントで付けていきます。

⑥ 2回の施術で仕上がります。

セレックのご料金

  • インレー(詰め物):38,000円
  • クラウン(被せ物):65,000円
  • 前歯:85,000円

CAD/CAM冠

平成26年4月より、白い被せ物(小臼歯)のみが保険適用となりました。

CAD/CAMシステムとは?

歯科用CAD/CAMシステムを用いたハイブリットレジンによる歯冠補綴です。
お口の中に装着される修復物や補綴(被せ物)の設計及び加工に用いられる複数の装置をCAD(コンピュータによる設計)やCAM(コンピュータによる加工)の技術を用いて統合したシステムのことです。

保険対象部位

当院では、小臼歯(4、5番)のみCAD/CAM冠保険適用しております。
※大臼歯(6、7、8番)は保険の金属冠になります。古くなった銀歯を白くやりかえることも可能です。

CAD/CAM冠のご料金

  • 8,000円程度(3割負担)

なかお歯科のCAD/CAMの特徴

当院では、CAD/CAM冠専用の設計コンピュータと削り出しの機械を導入しており、4・5日程度で制作することが可能です。専任の技工士がおり、直接目で見て歯の色、形を決め仕上げるため、きれいに仕上がります。
これまでの保険適用の金属冠に比べ、審美性、生体親和性に優れています。
CAD/CAM冠は、ハイブリッドのブロックからミリングするため、通常のハイブリッドに比べ割れにくいです。(※オールセラミックに比べると、強度は劣ります。)
保険外の被せ物に比べ患者様の経済的負担を軽減できます。

なかお歯科で使用するCAD/CAM用ブロック

なかお歯科で使用するCAD/CAM用ブロック
セラミックと同様に、透明感を持ち、天然歯に近い物を再現できます。

長期間の滑沢持続性
歯ブラシ摩擦に強く、セラミックのような自然で美しい滑沢性を長期間保つことができます。
また、滑沢性により歯垢もつきにくくなります。

硬すぎず、歯質に近い物性
しなりを持ち合わせているため、割れにくく他の歯へのダメージも少ない。

お気軽にお問い合わせください。
WEBからは24時間いつでもOK!

医院風景