メニューを開く
戻る

インプラント



受付の風景

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定することで自分の歯とほとんど同じ見た目と機能を取り戻す治療法です。
インプラントは顎の骨に直接取り付ける治療のため、部分入れ歯のように食べた時に感じる違和感が軽減され、自分の歯と同じように食事をすることができます。
ただし、全身疾患がある方や、服用しているお薬などによっては治療が難しいこともあるため、事前にご相談ください。

インプラントのしくみ

インプラントについて・人工の歯
金属・ハイブリット・セラミックなどの材料で作られます

・インプラント(人工の歯根)
ネジのような形をしています。現在はチタン製が主流です。
チタンは生体との親和性が高く、あごの骨と直接しっかりと結合します。そのため、ひとたび結合したインプラントは自立し、持続的な使用か可能となります。
インプラントには様々なサイズがあり、埋め込む場所や患者さんの顎の骨量などに合わせて選択されます。
近年では、より結合しやすい表面加工が施されるなど、品質の向上が著しく見られます。

・顎の骨
インプラントにとしっかり結合して人工歯を支えるインプラントの立役者。インプラント治療では、この顎の骨の量が治療のカギを握ります。
骨量が足りない場合には、骨移植や再生療法など、骨を増やすための治療が必要となることもあります。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット
・元の歯の機能を取り戻し、ご自分の歯と変わらない感覚へと回復させます。
・歯を失ったコンプレックスが解消され、自信や積極性が回復します。
・色・形ともに自分の歯と変わらず、自然で美しい見た目を取り戻します。
・金具などの使用がなく、治療時に歯を削ることもないため、自分の歯の保護に繋がります。
・付け外しの必要がなく、自分の歯と同じように歯磨きすればいいため、お手入れが簡単です。
デメリット
・外科手術が必要となります。
・診査の結果、インプラント治療を行うことのできない場合があります。
・一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高額になります。

インプラント治療の種類

2回法手術

多くの歯科医院で採用されているインプラントの手術方法が「2回法手術」というものに当てはまります。歯肉を切開する外科手術を2回行うことから「2回法」と呼ばれており、下記の流れで手術を行います。

診断と治療計画

まずはレントゲンを撮影して慎重な診査を行います。その後、治療計画についてご説明します。

インプラント手術

歯が抜けた所へ人工歯根を埋め込み、3~6ヶ月の間インプラントがあごの骨に定着するまで待ちます。

インプラント二次手術

骨とインプラントが結合して安定したところで、インプラントと歯冠の連結部分(アバットメント)を装着する二次手術を行います。

歯冠の装着

歯の型を取り、人工歯冠を製作したのちインプラント部分に装着し、インプラント治療を終了します。

1回法手術

2回法手術とは異なり、インプラント治療を行う中で1度しか外科手術を行わない方法を「1回法手術」と呼びます。2回法手術では、「インプラントを装着する時」と「アバットメントを装着する時」の2回に分けて手術を行う必要がありましたが、1回法ではインプラントとアバットメントを一度の手術で装着します。

骨量が少ない方のためのインプラント補助手術

重度の歯周病にかかっていた方や、歯を長期間抜けたまま放置してしまっていた方は、インプラント取り付けのための十分な骨の高さや幅が無いことがあります。
そうした患者様には、インプラントの土台や支えとなる骨を強化したり、周辺環境を整えることでインプラントを定着しやすくする「補助手術」を行うことがあります。この補助手術を受けることで、他の歯科医院でインプラントができないと言われた患者様も治療を受けられる場合がありますので、あきらめずに一度当院へご相談ください。

骨誘導再生法(GBR法)

骨誘導再生法とは、歯周病などによってインプラントを埋め込む骨が痩せてしまっている患者様に対して、骨組織の再生を行い、必要な骨の量を確保するために行う手術です。骨が足りない部分へ「メンブレン」と呼ばれる特殊な人工膜を適用し、骨の再生を促します。個人差はありますが、およそ4~6ヶ月で骨が再生されます。

ソケットリフト法(上顎洞挙上術)

ソケットリフト法では、インプラントを埋入する穴を骨に開けた際に、穴の奥にある歯槽骨と上顎洞粘膜を優しく持ち上げ、そこに骨補填材を加えることで不足した骨に厚みを与えます。これにより、インプラントを埋入できる骨の深さを確保し、傷口も小さく抑えることができます。

お気軽にお問い合わせください。
WEBからは24時間いつでもOK!

医院風景