メニューを開く
戻る

マタニティー歯科



受付の風景

妊娠中の方へ

妊娠中はそれまで小さかった虫歯が大きくなったり、歯ぐきが腫れやすくなったりとお口のトラブルが起こりがちです。
それは、つわりなどで歯磨きが十分に行えなかったり、ホルモンの変化によって感染しやすくなったりするからです。
妊婦さんの歯の状態は、うまれてくる赤ちゃんの歯の健康に大きな影響を与えます。出産前に健康なお口の中にしておきましょう!

妊娠中の口腔ケアのポイント

まず虫歯や歯周病にかかっていないかを検査します。
既に虫歯や歯周病にかかっている場合は、 まずは虫歯や歯周病を治してから予防歯科の治療を行う必要があるからです。

  • 歯磨きができないときには、ということを話す。
  • 体調や気分がいいときに歯磨きをしましょう。
  • 小さめの歯ブラシを使用しましょう。
  • 虫歯がある場合は安定期になったら治療しましょう。
  • 痛みがなくても検診を受けましょう。

歯科治療を受けるメリット

  • 1.うまれてくる子供の歯の健康を守る

生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯の原因菌はいません。虫歯はお母様や周囲の方の唾液などを介し、徐々に感染していくのです。生後まもなくの乳歯が生えてくる頃から、生えそろう2才7ヶ月頃までの感染予防が特に重要です。
お子様と接触する前のこの時期に、お母様の口腔内状態が良好にしておくことが大切なのです。

  • 2.安全な出産へつながる

妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより、歯周病になりやすくなります。 また、歯周病は陣痛を引き起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産や低体重児出産の可能性を増加させます。歯周病の治療は安全な出産へもつながります。

  • 3.お口の状態の改善・維持

妊娠初期には、つわりや体調がすぐれない事が多くなり、歯磨きができない場合があります。
妊娠中はむし歯や歯肉のはれ・出血などのトラブルが多いものです。また、痛みを我慢することが赤ちゃんに悪い影響を与えることがあります。
ご自身ではなかなかケアをしにくいお口の中を、この時期に健診し、治療しておくことは、お母様のお口の状態改善につながります。また、痛みを我慢することが赤ちゃんに悪い影響を与えることがあります。

歯磨き以外のプラークコントロールの方法

  • 歯科治療が行える期間

治療は安定期であれば、問題なくできます。初期や後期はなるべく、応急処置にしましょう。

  • レントゲン

防護エプロンを着用するので、お腹の赤ちゃんへの影響はありません。

  • 麻酔

歯科の麻酔は局所です。通常量の使用では、母子に影響はありません。

  • 麻酔

原則、妊娠中の投薬はしません。
ただし、痛みがひどい場合は我慢することが赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるため、投薬する場合もあります。その場合は、産婦人科の先生に相談しましょう。

なかお歯科では、妊娠中におけるお母さんのお口のケアを行うとともに生まれてくるお子さんの虫歯をゼロにするためのサポートを行います。ぜひ一度、健診での来院をお待ちしております!

chevron_right定期健診はこちら

お気軽にお問い合わせください。
WEBからは24時間いつでもOK!

医院風景