メニューを開く
戻る

小児歯科



受付の風景

0歳からの虫歯予防

虫歯予防の基本は、ご自宅でのブラッシング
~子供の虫歯の原因は親の虫歯!?

生まれてすぐの子供には虫歯菌は存在しません。
虫歯菌を持っていない子供が虫歯になるのは、子供へのキスや同じスプーンを使って食べることによって、家族が持っている虫歯菌をうつしてしまうというのが主な原因です。また、乳歯は生えかわるからといって虫歯になっても大丈夫と考える方が多いのですが、虫歯になってしまうと、将来生えてくる永久歯も虫歯になってしまう確率が大変高くなります。

保護者の方の協力が必要です

お子様の歯を守るためには、小さな頃からの丁寧なブラッシングと歯医者での定期検診・予防処置の2つを並行して行うことです。「歯医者は痛いから嫌だ」という声もよく聞きますが、予防処置だけであれば苦痛に感じるような痛みはありません。お子様が歯医者を嫌いになるのは、虫歯治療で痛い思いをしたことがあるか、周囲の大人から歯医者は怖いところだと聞かされている場合がほとんどです。お子様が歯医者に安心して通えるよう、保護者の方のサポートが必要です。

歯医者に苦手意識を持たせないポイント

  • ・「虫歯にならないために歯医者にいく」ということを話す。
  • ・「悪い子は歯医者につれていくよ」など歯医者に行くことを罰にしない。
  • ・歯医者で痛かった体験談は話さない。
  • ・「痛くないよ」や「もう終わるよ」などウソをつかない。
  • ・治療が終わったら頑張ったことをほめてあげる。

歯が生えてきたらまず一度、歯科医院で健診を受けましょう。年齢に合ったケアの方法をアドバイスします!

chevron_right定期健診を詳しく見る

当院で行うお子様の虫歯予防

サホライド (虫歯進行止め)

サホライドとは、お子様の虫歯の進行を抑えるための薬です。虫歯になった部分にサホライドを直接塗ることで、銀イオンが虫歯部分へと吸着し、虫歯の進行を防ぎます。ある程度まで進行してしまっている虫歯については、悪くなった部分を少し削ったあとにサホライドを塗布します。


フッ素塗布

フッ素は、プラークが作り出す酸(歯を溶かす原因)の力と量を減少させ、歯の再石灰化を助ける作用があります。当院ではプラークをきれいに取り除いたうえで歯面にフッ素を塗布します。3~6ヶ月に1度の間隔で定期的に塗布すると効果的です。

シーラント

お子様の奥歯の溝は磨き残しが多くなりがちです。また、そのまま放っておくとプラークが虫歯菌の活動を促し、虫歯になりやすくしてしまいます。そのため、あらかじめ奥歯の溝を『シーラント』と呼ばれる合成樹脂によって埋めておくことで、食べかすや細菌の付着・蓄積を防ぎ、虫歯予防に繋げることができます。

お気軽にお問い合わせください。
WEBからは24時間いつでもOK!

医院風景